• メールで相談する
  • 電話で相談

共有状態の不動産で 知らないと損するトラブル事例

  • 相続で共有になった場合に起こり得るトラブル
  • 税金が払えない! 納税資金のため共有物を換価するケース
  • 親族でも安心できない!共有関係の落とし穴とは?
  • 第三者への共有持分の売却では、共有者の同意は必要か?
※ご登録の方には、無料メールマガジン「不動産相続SOS通信」(発行:株式会社EINZ)を定期的にご案内いたします。登録も解除も無料です。

著者

株式会社EINZ 代表取締役 永長 淳

当社は、「不動産の再生」をテーマに、他の不動産会社が手掛けにくい案件を中心に活動しております。

不動産売買の裏側には、それぞれ理由が存在します。
故に、止む無く不動産の形状や権利関係等が正常ではなく、異常な状態となっているものがあります。

その中で問題の解決に困難を伴うものとして「共有持分」が挙げられます。
不動産を共有で所有し、世代交代により互いの関係が疎遠となったり、血縁のない第三者と所有することになった場合、譲渡は簡単なことではありません。

通常の取引とは異なるため、専門知識のない不動産会社では課題の解決に困難を極めます。

当社は、このような相談を受けた後、常に皆様と同じ立場に立ち、生じている課題について再生策を探ります。

今回の無料小冊子では、いままでの共有不動産のご相談をもとに、トラブルにならないために特に知っておくべき事例を解説いたしました。ご活用ください。

チェックリスト提供

運営メディア

無料ダウンロードの流れ

※ご登録の方には、無料メールマガジン「不動産相続SOS通信」(発行:株式会社EINZ)を定期的にご案内いたします。登録も解除も無料です。